大島薬局|まちのお薬やさん・処方箋受付|名古屋市中川区

健康サポート薬局認定。その場で検査結果がわかる血液検査「ゆびさきセルフ測定室」実施中

ホームお知らせ ≫ 熱帯夜でもぐっすり眠れる 快眠のコツ ≫

熱帯夜でもぐっすり眠れる 快眠のコツ

睡眠
私たちの体温は、一日のうちで1~1.5度ほど上下します。一般的には朝起きる少し前に最も体温が低くなり、その後徐々に体温が上がって、夕方から夜の始めに最も高くなります。その後次第に体温は下がり、眠っている間中体温は下がり続けます。

寝苦しい季節の対処法
   室温26~28度 湿度50~60%


体温が下がるときに眠気を感じ、体温が高いときには覚醒度も高くなります。ところが熱帯夜では寝室の室温が高く、体温が上がりにくくなります。さらに湿度が高いと汗をかいても体温が下がらないため、高温多湿の日本の夏は寝苦しい季節となっています。
熱帯夜でもぐっすり眠るためには、まず寝室の環境を整えることが大切です。室温26~28度で湿度50~60%が理想です。寝る30分前からエアコンを入れて、眠ってからタイマーで切れるようにするといいでしょう。
寝具も、シーツは冷感素材のものにしたり、寝ござにするのがお勧めです。枕は、氷枕や籐で編んだ枕にするなど試してみてください。

寝不足には仮眠が効果的

どうやっても寝苦しくて寝られない夜を過ごした時は、積極的に昼間に仮眠を取るようにしましょう。
仮眠の基本は午後3時までに10分~20分眠る「パワーナップ」です。体を締め付けるもの、ネクタイやベルトなどを緩めて、机に伏すか椅子にもたれて眠りましょう。


 
2021年07月12日 17:26

大島薬局

所在地
〒454-0048
愛知県名古屋市中川区
元中野町2丁目62
TEL
052-352-8538
FAX
052-352-7419
営業時間
月~金曜日 9:00~20:00
土曜日 9:00~19:00
定休日
日曜・祝日

店舗概要はこちら

ブログカテゴリ

モバイルサイト

大島薬局スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら