大島薬局|まちのお薬やさん・処方箋受付|名古屋市中川区

健康サポート薬局認定。その場で検査結果がわかる血液検査「ゆびさきセルフ測定室」実施中

ホームお知らせ2021年 ≫ 2月 ≫

2021年2月の記事:お知らせ

マスクが花盛り・・・効果は?

マスクイラスト犬_コピー
新型コロナウイルスの感染症対策として、3蜜を防ぎマスクや手洗いをする。ということで、町の中ではマスク姿が日常になっています。使い捨てのサージカル不織布マスクや、ウレタンマスク、コットンマスク、そして色鮮やかな手作り布マスクと、少しでもファッション性が高く、目立つマスクを使用している人が多くなっています。中には好きなキャラクターのマスクや好きなスポーツチームのロゴマーク入りのマスクも見られます。

ウレタンマスクの効果はどうなのか


昨年、理化学研究所がスーパーコンピューター「富岳」のシュミレーションでの効果の比較がされ、ウレタンマスクや、布マスクは不織布マスクに比べて、飛沫の遮断性能が劣るとの実験結果を発表しました。しかし理化学研究所の担当者は「フェースシールドやマウスガードほどではなく、特徴の差で使用をしないでという意味ではない」と強調していました。

インターネット上では、ウレタンマスクに対して、「効果皆無」や「近寄るな」といった過激な「ウレタンマスク警察」という主張も増えてきています。

マスクやフェースシールドの効果

専門家の意見は


マスクの効果的な着用法を研究する「環境管理センター」の飯田裕貴子技術部長は「どれも一般的な使用なら問題がない」との回答でした。「密な場所や病院など、より注意が必要な場所では不織布マスクを、換気の良い場所で長時間使う場合はウレタンマスク」と使い分けることが望ましい。

むしろ鼻を覆わないなど「誤った使用方法で性能は大幅に低下します。材質より正しく使用するほうが最も大事」と強調していました。

ただ、ウレタンマスクは、多くの商品で洗濯回数の制限がなされています。メーカーの担当者は「何度も洗うと、フィルターの能力が落ちる。見た目がきれいでも洗濯回数の制限を守ってほしい」とのことです。

大島薬局では、布マスクやウレタンマスクの顔に当たる部分に、不織布のガーゼを当てることを推奨しています。これ1枚で「吐き出し飛沫」も「吸い込み飛沫」もカットされると思います。
2021年02月06日 16:18

大島薬局

所在地
〒454-0048
愛知県名古屋市中川区
元中野町2丁目62
TEL
052-352-8538
FAX
052-352-7419
営業時間
月~金曜日 9:00~20:00
土曜日 9:00~19:00
定休日
日曜・祝日

店舗概要はこちら

ブログカテゴリ

モバイルサイト

大島薬局スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら