大島薬局|まちのお薬やさん・処方箋受付|名古屋市中川区

健康サポート薬局認定。その場で検査結果がわかる血液検査「ゆびさきセルフ測定室」実施中

ホームお知らせ2021年 ≫ 7月 ≫

2021年7月の記事:お知らせ

コロナワクチン SNS上の”うわさ”

ワクチン注射
国立精神・神経医療研究センターなどの全国調査によると、新型コロナウイルスワクチン接種を受けたくないと考える人が、全体の約11%を占めました。特に15~39歳女性で15.6%、同じく男性で14.2%に上がっており、若い世代で接種を敬遠する割合が高くなっています。

こうした若い世代に対し、有効性や安全性に関する正確な情報を伝えていくことが大事です。しかし多くの若者が利用する会員制交流サイト(SNS)などで流される”うわさ”には、科学的根拠に基づかないウソやデマが含まれている場合もあり、注意が必要です。



科学的根拠なきウソ、デマに注意

例えば、「接種で新型コロナに感染する」「日本でも接種中のmRNAワクチンで遺伝子が操作される」「接種でマイクロチップを埋め込まれて追跡される」「ワクチンを打った腕に磁石がくっつく」「妊婦が接種すると流産になる」「ワクチンで不妊になる」という”うわさ”が出回っています。

いずれも国内外の保健当局から明確に否定されていますが、それらを信じてしまい接種に不安を抱く人もいます。
また政府はSNSで流される情報について、「ワクチンを受けた後に起きた好ましくない出来事(有害事象)を、因果関係がわからないにもかかわらず、あたかもワクチンが原因であるかのような書き方をしている情報もある」と注意を喚起しています。



公的な情報で確認を

その上で、ワクチンの安全性については「大規模な臨床試験だけでなく、承認後の安全性の監視システムによって常に調べられており、調査や評価の結果は国内外の公的機関から発表されている」として、厚生労働省や首相官邸など公的な機関からの情報を確認するよう呼びかけています。

"うわさ”の一覧


 
2021年07月26日 15:42

「応援します美と健康」大売り出し

大売出し









「応援します美と健康」新聞チラシ(オモテ面)

「応援します美と健康」新聞チラシ(ウラ面)
2021年07月21日 17:39

熱帯夜でもぐっすり眠れる 快眠のコツ

睡眠
私たちの体温は、一日のうちで1~1.5度ほど上下します。一般的には朝起きる少し前に最も体温が低くなり、その後徐々に体温が上がって、夕方から夜の始めに最も高くなります。その後次第に体温は下がり、眠っている間中体温は下がり続けます。

寝苦しい季節の対処法
   室温26~28度 湿度50~60%


体温が下がるときに眠気を感じ、体温が高いときには覚醒度も高くなります。ところが熱帯夜では寝室の室温が高く、体温が上がりにくくなります。さらに湿度が高いと汗をかいても体温が下がらないため、高温多湿の日本の夏は寝苦しい季節となっています。
熱帯夜でもぐっすり眠るためには、まず寝室の環境を整えることが大切です。室温26~28度で湿度50~60%が理想です。寝る30分前からエアコンを入れて、眠ってからタイマーで切れるようにするといいでしょう。
寝具も、シーツは冷感素材のものにしたり、寝ござにするのがお勧めです。枕は、氷枕や籐で編んだ枕にするなど試してみてください。

寝不足には仮眠が効果的

どうやっても寝苦しくて寝られない夜を過ごした時は、積極的に昼間に仮眠を取るようにしましょう。
仮眠の基本は午後3時までに10分~20分眠る「パワーナップ」です。体を締め付けるもの、ネクタイやベルトなどを緩めて、机に伏すか椅子にもたれて眠りましょう。


 
2021年07月12日 17:26

大島薬局

所在地
〒454-0048
愛知県名古屋市中川区
元中野町2丁目62
TEL
052-352-8538
FAX
052-352-7419
営業時間
月~金曜日 9:00~20:00
土曜日 9:00~19:00
定休日
日曜・祝日

店舗概要はこちら

ブログカテゴリ

モバイルサイト

大島薬局スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら